PRP(多血小板血漿)療法

PRP(多血小板血漿)療法とは

PRP濃縮

PRP (Platelet Rich Plasma)療法は多血小板血漿療法と言われ、ご自身の血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、本来備わっている治癒能力を高め、治癒を目指す再生医療です。血小板は、血管が傷ついたとき、傷ついた場所に集まって血を固める働きがあります。その際、血小板から多量の成長因子が放出され、これらの成長因子の効果により、組織の修復が早まり、治りにくい組織の修復や関節炎の症状が軽快することが期待されます。

現在はドーピングにも指定されていないのでアスリートにも安心して使うことができ、アメリカでは数年前からプロスポーツ選手を中心に、けがの治療に使われ始め、現在では一般の方々に対しての治療法として導入されています。この療法を田中将大投手や大谷翔平選手が肘の治療で使われたことでこの治療が広く一般に伝わることになりました。

修復できる関節の損傷再生医療の可能性

修復できる関節の損傷再生医療の可能性

一般に関節の中は血管に乏しいため、修復に必要な材料(細胞など)が届きにくい状態になっています。そのことから、関節は一度損傷を受けると修復しないと考えられていました。実際には、関節を包んでいる滑膜という膜から滑膜由来幹細胞が関節内に出てくることで治療は行われているのですが、自分自身の力だけでは修復が不十分になることが多いため、根本的に治ることはとても難しいと言われてきました。

この困難な治療法として、近年世界的に研究から進歩してきたのがPRP(多血小板血漿)療法をはじめとする再生療法です。

関節の痛みでお困りの方へ

  • ひざ、肩の痛みがとれない
  • 今の治療に成果を感じられない
  • 慢性化した痛みを治したい
  • スポーツをしていて早く復帰したい
  • 長い持続効果のある治療をしたい
  • 薬剤アレルギーがあり治療ができない

具体的な対応疾患

  • 四十肩
  • 膝靭帯損傷
  • オスグッドシュラッター病
  • アキレス腱炎
  • 足底腱膜炎
  • 腱鞘炎
  • インピンジメント症候群
  • 肘外側(テニス肘)上顆炎
  • TFCC損傷
  • 変形性膝関節症
  • 半月板損傷
  • 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  • 肉離れ(筋断裂)
  • 足首靭帯損傷
  • 腱鞘炎
  • 肩腱板損傷
  • 肘内側(ゴルフ肘)上顆炎
  • 手首の靭帯損傷
  • 変形性股関節症

なぜPRP療法は効果があるの?

なぜPRP療法は効果があるの?

血小板に止血作用があることを知っている人は多いと思いますが、同時に様々な成長因子(グロスファクター)を分泌しています。種類によってコラーゲンをつくったり、血管や皮膚をつくったり、骨細胞を刺激したりと役割は違いますが、細胞の増殖を促進する作用で自然治癒能力が発揮されています。血小板を濃縮したPRPに含まれる成長因子は通常の3〜5倍と言われています。濃縮したPRPの作用で、組織の修復やダメージの治癒がなされ、痛みが抑制されると言われています。

プロアスリートも利用する先端医療

一般的な治療方法より治癒・再生速度が2~3倍以上速く、プロスポーツ選手などの負傷を早期に回復させる治療方法です

安全な治療

患者さん自身の血液から採取した血液を用いて行うもので、アレルギー反応や副作用がないため、安全に治療を行うことが可能です。

治療後の経過

ステロイド注射などの炎症を抑える従来の治療とは違い、PRP療法は炎症を起こすことで自然治癒を促すため、治療後3~4日間は患部の炎症反応による痛みが生じることがあります。

対応疾患

変形性関節症

ひじ・ひざ・関節痛に対する自己脂肪由来幹細胞を用いた局所注射療法です。根本的に困難と言われてきた変形性関節症の症状の改善が期待できます。

毛髪AGA

脂肪由来幹細胞の投与により、副作用のリスクを回避した毛髪組織の根治治療を実現。

PRP筋腱

再生医療で本来の美しさと健康を。最新のテクノロジーと幹細胞培養美容液を使って、すべての肌タイプと年齢層に最適な幹細胞による美容治療をご提供します。

注意事項

PRP療法は説明を理解していただいた上で、心身ともに健康な方のみ適応です。年齢制限はありませんが、未成年の方は親の同意をいただきます。

PRP治療を受けられない方

  • 妊婦
  • 貧血クエン酸ナトリウム水和物にアレルギーがある
  • ウイルス性疾患
  • 悪性腫瘍
  • 骨髄機能低下
  • 腎機能障害
  • 自己免疫疾患・膠原病 (リュウマチ、 SLE、バセドー病、皮膚筋炎など)
  • 甲状腺機能異常
  • 発熱時
  • 血小板異常による疾患(敗血症など)
  • 肝機能障害 (慢性肝炎、肝硬変)
  • HIV感染症
  • アレルギー疾患等頭皮に異常がある方
  • 脾機能亢進症
  • 門脈圧亢進症
  • 自己免疫性溶血性貧血

※上記のほかアレルギーのある方はお申し出ください。
※ステロイド薬を多量に服用している方は治療が受けられない場合があります。
※円形脱毛症は専門皮膚科での治療を第一選択となります。
※喫煙をされている方は効果があらわれにくい場合がありますのでお控え下さい。